小林レディースクリニック

〒833-0027
筑後市水田991-1
院長:小林 洋

院長紹介ページへ

診察時間
午前9時00分~13時00分
午後14時30分~17時30分
※土曜午後
14時00分~16時00分
※水曜日の午後休診
オンライン診療予約について
休診日
日曜祝日・水曜の午後

外観

外来のご案内

診療時間

 
午前
(9時00分~13時00分)
午後
(14時30分~17時30分)
×

14-16時

当クリニックにおかかりの方の分娩・急患はいつでも受け付けますが、必ずお電話にて一度ご連絡ください。分娩・緊急手術などにより、外来が一時中断することがあります。

診療内容

産科 妊娠検査、定期妊娠健診、異常妊娠への対応、分娩(自然分娩・無痛分娩・帝王切開)、人工妊娠中絶、一ヶ月健診、母親学級
婦人科 婦人科感染症の診断・治療、腫瘍(子宮筋腫・卵巣腫瘍など)の診断、子宮頚癌検診・体癌検診、子宮頚部異型上皮の検診.・治療、子宮内膜症、月経異常、不妊症、避妊の相談、更年期障害、40歳以上の乳がん検診
麻酔科 本院では無痛分娩を推奨しております。詳しくはこちらをご覧ください。

母親学級について

月に数回水曜日の午後、母親学級を行っております。予約制となっております。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

乳房外来

イメージ

赤ちゃんが産まれてすぐにお母さんの乳首を吸わせることは、母と子の絆を強める意味でとても良いことです。実際に乳首が張ってくるのは分娩後2~3日たってからですが、濃くて黄色の初乳はカロリーが高く免疫物質をたっぷり含んでいて、赤ちゃんを感染から守るためにもぜひ与えたいものです。

    ・産まれて30分以内に差初の授乳をしましょう。
    カンガルーケアーが有効です。
    ・産まれて24時間以内に、8回以上お乳を吸ってもらいましょう。
    赤ちゃんはお乳を吸うことより、お母さんを感じとっています。しっかり抱いてお乳を吸わせてあげましょう。
    ・出産直後から母子同室にします。
    妊娠中と同様、いつも一緒にいることにより、赤ちゃんは心が落ち着きます。
    ・お乳の手入れをしましょう。
    37週に入ったら積極的に乳感拡張をし、赤ちゃんがすい安いように乳首を柔らかくしておきましょう。陣痛促進にも効果的です。

妊娠中のお乳の手入れ
乳房のお手入れの目的
・乳頭の汚れを取り、乳管の開通を良くする。
・乳頭乳輪を柔らかくする
・正常な乳頭乳輪の発育を良くする
※妊娠中に乳頭のチェックをします

乳房乳首のお手入れ方法
妊娠16週を過ぎたら乳房のお手入れを始めましょう(ホフマン法指導)。ただし、流産や早産の恐れがある方は、医師の指示に従いましょう。
・1日1回お風呂に入ったときに行いましょう
・石鹸で乳頭・乳輪部の汚れを落としましょう
・37週を過ぎたらオリーブ油やマッサージクリームで乳頭をマッサージしましょう。
(乳管開通法・乳頭柔軟化法指導)

授乳
生後1ヶ月くらいまでは、授乳の回数もリズムも不規則です。徐々に飲む量も増え、間隔があいてくると授乳リズムも出てきます。
<手順>
・オムツが汚れてないか?汚れていたら取り替え手を洗う
・石鹸で手を洗う
・飲ませやすい抱き方で、片手でおっぱいを支え、乳首を赤ちゃんの口に含ませる
・1回の授乳時間が20~30分
・飲み終わったら縦抱きにして背中をたたいてゲップをさせる

母乳不足の見分け方
30分以上乳首を離さずいつまでも飲んでいる。乳首を離すとすぐ泣く。

乳腺炎について
・おっぱいの一部にしこりができて痛い
・飲ませても搾っても、しこりがとれない
・一部が熱くなって赤くなる
・39度以上の熱が出る
<手当て>
・出来るだけ何回もすわせましょう
・授乳後もしことがあれば搾りましょう
・高カロリー、高脂肪の食事は避けましょう。
(ケーキ・アイスクリーム・揚げ物・焼肉・スキヤキ・カレー・シチュー・ステーキ・とんかつなど)
・症状3・4の場合は小さな保冷剤をガーゼにまいてしこりの部分に当て冷やしましょう。
尚、心配なときは自己判断せず乳房外来に連絡し受診しましょう。

ページの先頭へ戻る